岩井俊二

岩井俊二/Shunji Iwai
1963年1月24日生まれ。 O型。水瓶座。 宮城県仙台市出身。 1987年横浜国立大学卒。

1988年より音楽ビデオとCATVの仕事からスタート。「GHOST SOUP」「ルナティック・ラブ」など数々のドラマやミュージックビデオ、CF等多方面の映像世界で活動を続け、その独特な映像は“岩井美学”と称され注目を浴びる。

1993年、テレビドラマ「ifもしも〜打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」で日本映画監督協会新人賞を映画監督としてデビューする前に受賞。  その後、映画へ進出。短篇「undo」「PiCNiC」を経て1995年3月に劇場用長篇第1作「Love Letter」を発表。3ヶ月のロングランを記録、数々の映画賞に輝く。「Love Letter」公開後の夏には、「undo」と「打ち上げ花火」が2本立で劇場公開され、劇場動員数記録を塗り替える大ヒットとなる。  1996年には「PiCNiC」「FRIED DRAGON FISH」が2本立で劇場公開。さらに長篇第2作として、架空都市「円都」(イェンタウン)を舞台にしたサクセスストーリー「スワロウテイル」を発表。音楽はMr.チルドレンのプロデューサー小林武史氏が担当し、劇中バンドYEN TOWN BAND(Vocal CHARA)の「あいのうた〜SWALLOWTAIL BUTTERFRY〜」も映画と共に大ヒット。90年代を代表とする映像と音楽との見事なコラボレーションを展開した。  1998年にはフリーハンドで描いたスケッチの様な美しい映像「四月物語」を発表。続く1999年には「打ち上げ花火」6年目の検証を行ったオリジナルDVD&ビデオ「少年たちは花火を横から見たかった」を企画・監督した。 2000年4月、インターネット上でインタラクティブ小説「リリイ・シュシュのすべて」を発表し、現在は同小説の映画化を2001年秋の公開に向けて制作中。

*主な作品歴*

●MOVIES
1999年 「少年たちは花火を横から見たかった」(オリジナルビデオ) 1998年 「四月物語」 1996年 「スワロウテイル」 1995年 「Love Letter」 1994年 「undo」「PiCNiC」

●TV DRAMAS
1994年 「ルナティック・ラヴ」 1993年 「ifもしも〜打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」(94年劇場公開) 「FRIED DRAGON FISH」(96年劇場公開) 「雪の王様」 1992年 「GHOST SOUP」「オムレツ」「夏至物語」「蟹缶」「マリア」 1991年 「殺しに来た男」「見知らぬ我が子」

●CLIPS
2000年 リリイ・シュシュ「グライド」「共鳴(空虚な石)」 1997年 松たか子「film〜空の鏡〜」(VIDEO CLIPS)  「I STAND ALONE」  「空の鏡」 1996年 ムーンライダース「ニットキャップマン」   「毛ぼうし」(短篇ビデオ) 1995年 中山美穂「CHEERS FOR YOU」 サザンオールスターズ「エロティカ・セブン」etc... 平松愛理「部屋とYシャツと私」etc... 東京少年「LOVE YOU SO LONG」etc... ZARD「不思議ね・・・」 他多数 1988年

●CM
1999年 「長いため息のように」by the brilliant green 「NTT ブランドビジョン広告」(未来のレコーディング編) 1998年 「プレイステーション レガイア伝説」 1997年 「NTT サンクスフェア冬」(SMAP他) 「NTT サンクスフェア夏」 1996年 「ナショナル Let'sノート」 1994年 「日産ルキノ」 「ナショナルIHジャー炊飯器」

●NOVELS
1998年 「マジック・ランチャー 〜岩井俊二×庵野秀明」(対談本) 「Now and Then 岩井俊二」 1997年 「ウォーレスの人魚」(小説) 「トラッシュバスケットシアター」(エッセイ) 1996年 「スワロウテイル」(小説) 1995年 「LOVE LETTER」(小説)

●COMICS
1997年 「ストーリーボード・オブ・スワロウテイル」 1995年 「LOVE LETTER」

●映画賞受賞リスト
『四月物語』
1998年釜山国際映画祭観客賞受賞
『Love Letter』
報知映画賞(第20回)最優秀監督賞 日刊スポーツ映画大賞(第8回)新人賞 キネマ旬報ベスト・テン(第69回)読者選出監督賞 毎日映画コンクール(第50回)日本映画優秀賞 ヨコハマ映画祭(第17回)作品賞、監督賞 おおさか映画祭(第21回)作品賞、新人監督賞 日本アカデミー賞(第19回)優秀作品賞 文化庁優秀映画作品賞(第6回)優秀映画作品賞 芸術選奨(第46回)文部大臣新人賞 高崎映画祭(第10回)若手監督グランプリ
『PiCNiC』
1996年ベルリン国際映画祭フォーラム部門ベルリン新聞読者審査員賞
『undo』
1995年ベルリン国際映画祭フォーラム部門NETPAC賞
『ifもしも〜打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
1993年日本映画監督協会新人賞
『見知らぬ我が子』
1991年ギャラクシー賞、ドラマドス大賞受賞