永瀬正敏

1966年生まれ。「ションベンライダー」(83年相米慎二監督)でデビュー。「ミステリートレイン」(90年ジム・ ジャームッシュ監督)に抜擢され、海外にも活動も場を広げるとともに、数少ない映画俳優としての地位を確立。 一方で、キリンビバレッジ「FIRE」、日清食品カップヌードルなどで話題のCMに登場。 最近では「五条霊戦記」、今後も「ELECTRIC DORAGON 80000V」(2作品とも石井聰亙監督)、「STEREO FUTURE」 (中野裕之監督)、「閉じる日」「贅沢な骨」(2作品とも行定勲監督)と出演作の公開が相次ぐ。


役名 三木シュンイチロウ


およそ3歳のころ、池袋の西部デパートで親を見失い、警察に保護されチビッコハウスにやってくるが、結局親は現れず というパターン。チビッコハウスに入った当初「僕はお母さんが迎えにくるもん」と言ってしまったために徹底的に いじめられる日々が続く。その中でヘラヘラしながら本質をはずして生きる技を得ていく。友達は、いつも三木をかばって くれた兄貴分のソノダと、人なつこいカナの2人。その後、ソノダとは不良人生をまっとうし、ともに鳥会組に入組する。 しかし、ソノダほどのインパクトがない為、正式組員になれず借金の追い込みも成功したことはない。 ソノダが単独でカジノ強盗をはじめビビってついていけなくなる。カナはキャバクラ、自分はパチンコという生活が続いた ある日、キャバクラで知り合った男とカナが消え、三木は再び鳥組会に出入りし、ソノダの付き人となる。 月に一度、増田建設・裏金引渡しのメンバーに。ある時、体調を崩したソノダのかわりに三木が行くことになるが、何を 思ったのか、三木はトランクをすり替えて逃げ出した!!!


  NEXT