石井克人

1966年。小学生の頃からマンガに熱中し、高校入学と同時にポップ・アート、宗教画に影響を受け、画家を志す。

武蔵野美術大学在学中にアメリカンコミックに興味を持つと同時に、授業で見た小栗康平の作品に触発されて映像の世界へ。大学在学中にコント をやるバンドを結成し(当時300近いバンドがあったので、差異化のためコントを付けたらしい)、本作品は当時のネタも含んでいるという。

手掛けたCMは100本以上。短編「8月の約束」でゆうばり国際・冒険ファンタスティック映画祭・ビデオ部門グランプリ 受賞。前作「鮫肌男と桃尻女」は「日本映画の未来を担う新しい才能の出現」と高い評価を受ける。

SMAPのミュージッククリップ BIRDMAN「FLY」、CMでは日テレ営業中「'99キャンペーン実験室篇」、日テレ式キャンペーン「変身篇」「投影篇」、ゼブラ 「This is Pen」、田辺製薬「アスパラドリンク」、SKY Perfect TV!「魔球篇」「サッカー篇」等、活躍するフィールドは広く、 ”石井の映像を見ない日はない”ほどの勢いだ。